ス ポンサードリンク



2011年08月07日

永山絢斗 NHK朝ドラ「おひさま」を見ていると泣いてしまう

永山絢斗 NHK朝の連続テレビ小説 おひさま

NHK朝の連続テレビ小説おひさま」に、主人公の兄として登場し、その魅力を発揮している俳優の永山絢斗さん。「おひさま」では、戦争が産み落とした切なさや悲しみを体現する役柄。そんな、永山絢斗さんですが最近、お年寄りや年配の女性からも、声をかけられるようになったといいます。


「台本を読んでいる僕でさえ、でき上がったものを見ると泣ける。今日も家で見てきたんですが……やっぱり泣いちゃいました(笑)」

【送料無料】...

【送料無料】...
価格:1,890円(税込、送料別)


永山絢斗さんが役に入るための準備は、朝起きたときから始まるんだとか。


「歯を磨いているときも、シャワーを浴びているときも、頭の中でシミュレーションする感じ。家を出て現場に向かうときはには、心の中で、その日のセリフを復唱し始めるんです。切符を買うときも、電車の中でも、朝帰りの酔っ払いの方とすれ違うときも……」と。役者さんは、いつも頭の中でセリフを追っているんですね。


そして、「で、もうすぐ渋谷NHKに着くぞっていう、『東急ハンズ』に差しかかったあたりから、ちょっと声に出し始めるんですよ(笑)。詰まったときは、立ち止まってカバンの中の台本をチラッとチェックしたり……」


そんな永山絢斗さんが今ハマっていることは、「アイロンがけ」。「アイロンの前は毛玉取りにハマっていたんですよ。毛玉って……腹が立つじゃないですか(笑)。どうにか退治したいって思っていたときに、毛玉取り器に出会い、『こんな便利グッズがあったんだ!!』と感動。しばらくは、ヒマさえあれば毛玉を取ってました」と笑う。




ゆっくりと言葉を選びながら自分の言葉で語り、ふとした瞬間におちゃめな一面を見せる永山絢斗さん。NHK朝の連続テレビ小説おひさま」には欠かせない不思議な魅力の持ち主ですよね。


記事参考 BAILA



ス ポンサードリンク



posted by geinou600 at 12:04 | 映画 ドラマ テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。