ス ポンサードリンク



2011年08月07日

AKB48 総選挙の順位づけがあるからこそ争いが減る!?

AKB48 選抜総選挙

6月に行われた「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」で決定した選抜メンバーが歌う新曲「フライングゲット」(8月24日発売)が、発売前から話題を集めているAKB48。彼女たちのブームを決定づけた要因のひとつともいえそうな「総選挙」について、ジャーナリストはこう分析しています。



「女は言ってみれば、『選ばれる』のが好きな性だが、順位をハッキリつけられるのは好まない。そうでなくても日々競争させられているのに、その上でまた絶対のヒエラルキーが生まれるのはいかにも辛そう。」

AKB48/Everyday、カチューシャ(T...

AKB48/Everyday、カチューシャ(T...
価格:1,323円(税込、送料別)


とした上で、「AKB48 選抜総選挙」について次のように語ってくれました。


「100人以上いるメンバーが主観で、『私の方があの子よりカワイイ』といい始めたら、本当に収拾がつかなくなるだろう。何の数字的根拠もなく選抜メンバーが選ばれたら、それこそ憎悪がうず巻いちゃうかもしれない。ここは、学校の成績みたいに、スポーツ競技みたいに、数字で明快な順位をつけた方が争いが減るという判断だったかも」。

さらにこの選ばれるシステムが、AKB48メンバーを美しく磨く理由にもなっていると指摘しています。

「女はライバルと同じ土俵で競わせればもっともっと磨かれる。これは言ってみれば、『ミス・ユニバース方式』。ファイナリストと呼ばれるミス候補15人をグループで仲良く一緒にトレーニングさせ切磋琢磨させて、美を競わせてから『一人』を選ぶあのスタイルは、本当に効くらしい。」

メンバー同士を競わせることで、スタッフが放っておいてもメンバー1人1人が磨かれていくAKB48が国民的アイドルになった背景には、このようなシステムも大きく関係しているようだと、ジャーナリストは指摘しています。


記事参考 MAQUIA



ス ポンサードリンク



posted by geinou600 at 17:05 | 女性誌/雑誌 特集記事・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。